おもろかったら、ええねん

かみさまからのおくりもの


想い出の一冊です。

長女は3月生まれのおっとりマイペース。
今では楽しく過ごしていますが、クラスで一番ちびっ子の幼稚園時代は大変でした。

3~5才は、周りの子供たちのテンポになかなかついて行けず。
運動会も学芸会もなかなか気合いの入った体育会系の幼稚園でした。

私もみんなについて行けるよう、目くじら立てながら娘に厳しく接するも
叱られる⇒荒れる⇒叱られる
の繰り返し。
 
私も幼稚園にお迎えに行くたび、先生に謝り、悩む。
私の育て方がきっと悪いのだと自己嫌悪になっていました。

でも、この絵本に救われました。

d0163488_08190560.jpg

私と同じように悩んだ筆者のひぐちみちこさんが、ご自身の娘さんに
作った絵本です。(あとがきより)


この本を読んでから、自分の子供と他人の子供を比較することがチャンチャラおかしくなりました。
できる、できないにこだわっているのは親の勝手。
ちゃんと娘は「やさしさ」と「よくわらう」「うたがすき」を神様からもらってるのに。
自分のペースで成長してくれればいい。

コチラの本も合わせて読みました。

d0163488_08193774.jpg


心打つ言葉ばかりが散りばめられてどこを抜粋していいのか悩みますが引用します。

「子どもはそれぞれに、神さまがくださった贈り物は違います。
ですから、他人とむやみに比べ競い合うことは意味のないことです。
そのことにお母さんが気づき、その子らしさを認めてあげれば、子どもはどんなにほっとすることでしょう。
一番身近で大好きな人に「あなたはあなたのままでいいんだよ」と受け入られることは、生きていくうえで
一番頼れる力になるはずです。自信はここにおいて育つのです。」


私にとって、このことを子どもが幼少の時にじっくり考えられるチャンスがあったことは、
今後「母」として生きていくのに大きな学びになったと思います。

そんな大事なことを教えてくれた一冊です。


ちょっと腹がでっぱりぎみの次女。
母は食べさせ過ぎかな~と自己嫌悪。

「かみさまからのおくりもの。よく食べる。元気でよく食べる子に育ちました。」

そっか、なるほどな。
今でもシンプルな言葉に助けられています。おほほほ。

たまには真面目な投稿でした。






[PR]



by true-colours | 2017-06-18 09:00 | | Comments(0)

何事も、振り返ってみたらおもろかったらええやん!
by true-colours
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

> メガネおかあさん ..
by true-colours at 22:52
初めてコメントしますー^..
by メガネおかん at 22:45

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ママフェスタ
at 2017-06-26 09:00
わーく☆アゲイン
at 2017-06-25 09:00
英語は3語で伝わります
at 2017-06-24 09:00
小声なら愚痴。叫べばロック。
at 2017-06-22 09:00
親業
at 2017-06-21 09:41

ファン

ブログジャンル